利食い千人力は損小利大で使うな!ここで使え!

FX

こんにちは。サイです。

よく利食い千人力って株などの相場の格言で聞くと思います。

要するに含み益が出ているうちはさっさと利食いしておいた方が、賢明だよというアドバイスです。

しかし、この利食い千人力という言葉は損小利大とは相反するものですよね。

だって損小利大は、さっさと決済せず伸ばすところまで利益を伸ばすことですから。

そうなれば、損小利大を頑張ってやろうとしているのに、利食い千人力の言葉を聞くとどうすれば良いのか迷ってしまうと思います。

そこで、この記事では利食い千人力すべき局面と損小利大すべき局面などの違いを解説したいと思います。

利食い千人力は損小利大とは別物

まず、利食い千人力は損小利大とは真逆の格言です。

すぐ決済した方が良いよということですから。

となれば、利食い千人力のトレードスタイルは損中利中もしくは損大利小のトレードスタイルに適した言葉となります。

損中利中もしくは損大利小のトレードスタイルはいわば勝率重視で、勝率が高ければ資金が増えるという戦略です。

また、損小利大スタイルと違い、すぐに決済するため含み益が減ることでストレスが溜まったり、含み益が減るのが耐えられない人にも最適なスタイルと言えます。

さらに、通常は損小利大スタイルのエントリー中心の人でも、局面によっては利益を積み重ねられるので、エントリーできるポイントが広がるというメリットがあります。

利食い千人力に適した局面とは?

利食い千人力に適した局面とは、ずばり一気に伸びてしまうポイントでエントリーして利食いして逃げれる局面です。

以下が、利食い千人力に適した局面です。

・トレンド発生後の押し目

・転換点ブレイク

・レンジブレイク

・トライアングルブレイク

・材料相場

 

トレンド発生後の押し目

トレンド発生を確認してからの押し目は、損大利小を推奨するトレーダーや、損中利大を推奨するトレーダーが一番エントリーする鉄板ポイントです。

プライマリーに従ったトレンドであれば、押し目後の伸びを利食いして取るやり方をするだけでも高勝率でお金が増えていく傾向になります。

 

転換点ブレイク

2点天井や2点底、ヘッド&ショルダーなどの転換点をブレイクしたところは一気に伸びるポイントでもあるので、利食い千人力で勝ち逃げするのに最適なところです。

レンジブレイク

小さなレンジブレイクや長いレンジブレイクなどは一気に伸びるため、勝ち逃げに最適なポイントです。

トレンド中の調整的なブレイクも美味しいポイントです。

トライアングル

シンメトリカル、アセンディング、ディセンディングなどトライアングルが出たら抜けた方向にブレイクすると、一気に伸びる傾向があります。

ここを狙わない手はありません。

材料相場

雇用統計や政策金利の決定会合をはじめとする経済指標の発表や重要会議などのイベント時には、相場が急騰や急落を一瞬でする場合があります。

この時は利食いしないと真逆に一瞬で行ってしまうこともあるため、利食い千人力の気持ちで少し利益を取れることができます。

また、大きく高騰や暴落後の押し目も値動きが大きいため、押し目後は一気に伸びが期待できるので、一気に伸びたところで利食いすれば一瞬で大きな利益を取ることができます。

 

逆に損小利大トレードすべき局面は?

逆に利を伸ばした方が良い局面は、以下に解説していますので、そちらを参考にしてみてください。

【FX】損小利大が嘘とか罠があるとか思っている方に読んでほしいこと
こんにちはサイです。 FXに限らず、相場の世界では損を小さくして利を伸ばせば成功する!という「損小利大」トレードが大きく推奨されています。 にも拘わらず、やってみたところ損切ばかりで全然資金が増えずに失敗していく人もいるはずです...

こうして局面を分けることで「利食いを伸ばすべきか?」、「すぐに利食いして逃げてしまった方が良いのか?」見極める力がつけばトレードの質高がまりますよ。

 

損大利小はやめておこう

ちなみに、損大利小を推奨するトレーダーもいますが、私個人としては損小利大か損中利中がおすすめです。

損大利小は、直近最安値や最高値などにロスカットを設定するため、損切に合いたくない人向けになります。

しかし、80%以上の勝率がないと、損切に合った時に今まで勝ちで増やした利益を飛ばしていますため、取り戻し意欲が湧いてきて無茶なトレードをしがちになります。

レンジブレイクのフェイクで逆に言ってしまったり、突発的な材料で真逆に行ってしまい今までの利益が吹っ飛んで、私もメンタルがおかしくなってハイレバでエントリーしてしまいゼロカットされたことが多々あります。

なので、損大利小は意外とメンタルに弱い人には適さないトレードスタイルなのです。

また、損大利小は大きなトレンドの最初の押し目だけを狙うなど高勝率ポイント以外は狙わないようにしないと資金が増えにくいので、狙えるポイントが少ないのがデメリットです。

それならば、エントリーしたところの節目に近い、損切と利食い幅が同じな損中利中スタイルの方が勝率の高い局面でエントリーを繰り返せば、勝率が高ければ資金が増えていきます。

なので、利食い千人力のポイントでトレードするなら、損中利中の戦略にしましょう。

 

以上、利食い千人力すべきトレードスタイルや局面について紹介してきました。

利食い千人力の言葉をしっかりと活用し、あなた自身のトレードスタイルの確立やエントリーポイントを増やすのにぜひ役立ててください。